So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

万年筆 [★...夢]

ここ、2週間くらい前に見た夢です。

最近はあまり夢の内容を覚えてないのですが、これはめずらしく覚えていました。

その日の夜は、めずらしく自分は癒されていないことはないのかもしれないけど、もし癒す部分があれば癒したいという気持ちになり、眠る前に瞑想の時の呼吸に近い呼吸にしたら、ほんの数回で眠ってしまいました。

夢の中では、乗馬倶楽部に行くのですが、その乗馬倶楽部は夢の中では何度も出てくるのですが、実際に現実の世界にはない倶楽部です。

その倶楽部の休み時間になっていて、大きなテーブルがあって(このテーブルも夢の中に何度も出てきます。)何か書こうとしていて、私は万年筆を探していました。

万年筆がなぜかあるのですが、キャップはみつかりません。

その万年筆というのは、現実の世界で私が中学生になる頃に母親が買ってくれたもので、赤い地に金がきらきらしていました。

当時はなかなか手に馴染まなくて、イライラしたり、このままずっと慣れないまま一生を過ぎるのかもと不安になりました。

友人がしていたように、制服の胸ポケットに生徒手帳と一緒にいつも持っていました。

だんだん成長とともに、いつも使うようになり、その万年筆で漢字の練習をしたり、授業のノートをとったり、スケッチを描いたり、普段使いを使えるようになりました。

デザインの授業の時に、トレッシングペーパーがかっこいいって思って好きな形に切って中心をミシンで縫って自分で手帳を作ったことも思い出しました。

若い時のほんの数年分の思い出でしたが、その夢の中で、私はいろいろと思い出しました。

その万年筆を持って、当時の夢を一気に思い出し、未来への希望とか情熱みたいのも再体験していたんだと思います。

万年筆を握りながら、私はまたたくさんたくさん書く!!って誓っていました。

...たぶん、私の挫折はいたる所にあって、書くということをしなくなっていたんだと思います。

その書く(描く)ということをもう一度したいって思っていました。

まるで雷にうたれたみたいに、内側からものすごいパワーみたいのが出て来たんです。

夢の中では、万年筆のキャップがみつからなかったのですが、それはたぶん書き続けるっていう意味だと解釈しました。

目が覚めて、私は万年筆を探したら、ちゃんとありました。

でも、しまい込まないで、いつも持っていようって思いました。

ちょっとしたメモも、その万年筆を使おうと思いました。

それと、小学生の時の担任の先生がわら半紙を切って小さなノートを作って、クラスの全員に配った事を思い出しました。

そのノートの表紙には「新しい目」と書かれていて、普段の生活で面白い事や、なんでも楽しかったことを書き込むノートだよって言いました。

その当時の影響かもしれないけれど、私は大きくなっても、そのノートを自分で作って書いていたんだなって思いました。

そのノートを、また自分で作ってみようって思いました。

ふと、何か大切なことが頭に浮かんだり、何か発見したら、すぐにノートに書き込もうって思ったんです。

すると、学生の時に自分でトレッシングペーパーを切って作ったノートに近いのを発見しました。

まだ、買い物をちょっとメモるぐらいしか使っていないけれど、それだけでも、なんとなく心が豊かになっています。

自分のために、ささやかに準備したのだけれど、なんとなく幸せを感じています。



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。